お肌のケア!

 

「肌質について」の続きです☺

 

お肌によってはケアの仕方を間違えると、

余計にカサついてきたり、毛穴が黒ずんできたりしてしまいます。

 

乾燥肌なのに、洗浄力の強い洗顔料を使い、

必要な油分まで取り除いてしまって、

さらに乾燥肌になってしまったり、、、

 

せっかくお肌のケアをしてるのに、

逆効果になってしまうともったいないですよね。

 

前々回の「肌質について」でご自身の肌質について

再確認していただけましたら、

 

是非、ケアの仕方についても参考までに

読んでいただけたらなぁと思います!

 


〇ドライスキン(乾燥肌)

~洗顔で皮脂を落としすぎず、水分と油分を与えるケア~

 

⓵化粧水に加え、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を

配合した美容液で、肌の保湿力を高める。

 

②乳液やクリームの油分で疑似的な皮膚膜を作り、バリア機能を強化しましょう!

 

 

ドライスキンの方はニキビになりにくく、キメが細かい反面、

皮脂量も保湿能力も低いため、バリア機能が低下しています。

 

そのため、紫外線などの外的刺激に弱く、

お肌トラブルも年々増えてきやすい傾向にあります。

 

日頃のケアをしっかりして、

お肌トラブルに強く、プルっとした理想的なお肌になりましょう♪

 


〇オイリースキン(脂性肌)

~油分は少なめに!日中も皮脂対策~

 

①洗顔でしっかり皮脂を落とす

 

②あっさりめのクリームや乳液を選んで、皮脂と水分の両方のバランスを取ります

 

③日中はあぶらとり紙で浮き出た皮脂をしっかり取る

 

オイリースキンの方は皮脂量・保湿力が高いので、外的刺激には強いですが、毛穴が開きやすく、ニキビができやすくなることも。

また、お化粧もくずれやすく、テカる。

 

お肌のケアをしっかりすると、

しょっちゅうお化粧直しをしなくてもよくなり、

やわらかいお肌になっていきます♪

 


〇インナードライスキン(乾燥性脂性肌)

~水分の流出防止&潤い補給で肌質改善~

 

①すっきり洗い上げる洗顔をやめ、水分の流出を防ぐ

 

②化粧水をたっぷり

 

③セラミドなど肌に水分を貯える保湿成分入りの美容液

 

インナードライスキンはオイリースキンと同じやり方で

ケアをし続けると陥りやすいです。

毛穴が開きやすく、肌にハリ感もないし、ニキビができやすい。

 

僕もこのタイプです!

べたつくのが嫌なので、洗浄力の強い洗顔料を使っていました。

ある日、洗顔を切らしてしまったので、しっとりタイプの洗顔を使ったのですが、お肌の状態が全然違いましたね~!

 

黒ずみ毛穴が減り、お肌にハリが出ました!

鼻の下のニキビもすぐ治りました。笑

 


〇ノーマルスキン(普通肌)

~今の肌をキープしつつ、保湿ケアをプラス~

 

皮脂量、水分量のバランスがいいので、

スキンケアはベーシックで大丈夫です。

 

洗顔、化粧水、乳液・クリーム

 

ただし、少し乾いているな、と感じたら、

保湿成分入りの美容液も取り入れましょう!

 


以上がお肌のケアについてでした。

 

なかなかお肌の状態が良くならないな~と感じている方は

まずはスキンケアの見直しをしてみてもいいですね。

 

やはり改善するには原因を突き止めるのが一番ですね!

 

 

本格的に寒くなってきました。

今日は雨ですし、身体にはお気をつけくださいね☺

 

僕の最近のマイブームは

夜寝るときに、フード付きのパーカーを着て、

フードを被りながら寝ることです。

 

それではまた☺